スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

モモちんとE-PL2の休日。

今日はアーサーハーブチャー(วันอาสาฬหบูชา/三宝節/旧暦8月の満月)で国民の祝日、
明日はカオパンサー(วันเข้าพรรษา/入安居/三宝節の翌日)で官公庁がお休みです。
仏教に関する祝日なのでアルコールの販売・おおっぴらな飲酒は厳禁ですよ。

お酒も飲めないことだし、ピースフルにわんこの写真でも見て和んでくだされ。

モモちんとE-PL2
買って来た時は直径50cmくらいだったアビスが120cmくらいになりました。

モモちんとE-PL2
やけに尻尾長いですね、とお医者さんのお墨付き。

モモちんとE-PL2
鉄の門に簾をかけています。

モモちんとE-PL2
猫を見つめています。

モモちんとE-PL2
日向でうつむくようなことでもあったのだろか。

モモちんとE-PL2
なぜか涙流してるけど、日光浴中。

モモちんとE-PL2
いつもはダンボールハウスの中。

モモちんとE-PL2
どっかから飛んで来て、こんな綺麗に並んだりするのね。

モモちんとE-PL2

モモちんとE-PL2

モモちんとE-PL2
Olympus E-PL2 × LUMIX 20mm F1.7 でした。

久しぶりにモモちんを撮ってみました。

久しぶりにモモちんを撮ってみました。
口、しまってない。

久しぶりにモモちんを撮ってみました。
犬っぽいく、お手。

久しぶりにモモちんを撮ってみました。
見上げる。

久しぶりにモモちんを撮ってみました。
正面からの、

久しぶりにモモちんを撮ってみました。
あくび。ブレた...

バンコクの動物病院で犬の虚勢手術をする。

去年の話になりますが、うちのわんこが手術が必要な病気になり、その時についでに虚勢手術もしたのでそのまとめを書いておきます。

うちのわんこは雑種で、今では6歳くらいになるんだけども体重は3.8〜4.2圓曚匹両型犬。
生まれつき皮膚が弱いらしく時々炎症でかぶれたりするくらいですくすく育って来ました。

腹のあたりにビー玉大の丸いシコリが・・?


変だなあと思ったのは、乳房あたりのお肉が腫れて垂れ下がり始めた時。
ホルモンのせいかなぁ、乳腺炎かなぁ、と家で1週間ほど様子を見ても腫れは引かず、
かと言って本人は元気に走り回り、ご飯もよく食べ。
ところがですよ、触ってみると皮膚のすぐ内側に丸っこいコリコリとした塊があるので、
これは何かヤバイ系かもしれぬ、、、と焦りながらトンロー・ペットホスピタルへ。

細胞の病理検査

先生が問診と触診で、「詳しいことは検査しないとわからないけど、もしこれが悪性腫瘍だったとしら、もう長く生きられないかもしれない。」と言う、かなり直球w 簡易検査はすぐ出来るとのことで、その場で患部に注射器を挿して細胞を採取して検査。5分くらい待つと助手の人が戻って来て、「バイキンは見つかりましたが、悪性細胞は見つかりませんでした。」と言う。もしバイキン感染で炎症して腫れてるだけなら薬飲めば治るけど、良性腫瘍の場合は手術で取っちゃった方がいいとのことで、だったら虚勢手術も一緒に、という話になった。念のため詳しい細胞の病理検査には1日かかるので、もし手術することになったら、という仮定の話を先生としてその日はいったん家に帰る。

手術決定⇒入院準備

翌日、病院から検査結果の報告。やはり悪性細胞は見つからなかったとのこと。それでもシコリはかなり大きいので、虚勢手術と同時に取ってしまいましょうということにまとまる。

さて。

今まで入院するほどの病気にかかったことがないので、術後の世話のための道具が一切ない!
ケージすら持ってないw
狭いケージに入れられたことがないモモちんが、
エリザベスカラー付きで果たして大人しくケージに入ってくれるのか・・・。

バンコク ペット 病院 ケージ
取り合えずゲット出来たケージがこれ。スクンビットsoi26、K-Villageの真向かいにあるペット用品ショップで買って来ました。日本製というか、日本の商品でした。
ケージの中にあるのはお手製のダンボールハウス。

バンコク ペット 病院 キャリーバッグ
それとキャリーバックもゲット。今まで人間用のトートバックに入れて外出してたからちゃんとした犬用のを購入。なぜか柄が、、、迷彩柄 ><

入院

前日夜から何も食べさせず、当日朝は病院付属のペットショップでシャンプー&爪きり。
うちは飼い主がビビリーなので、通常1日で退院出来るところを2泊3日にしてもらった。
虚勢手術で1キズ、シコリ摘出手術で1キズ、合計2本の縫い目が出来てしまうそう。
シコリの場所が近かったから1キズで済むかと期待してたのに、やはり無理だったようだ。

入院費用の説明があり(最終的な額は退院時に決まる)、合計で12000Bくらいとのことだった。
ディポジットとして10000Bを先に払い、残りは退院の日に支払い。
手術は午後に行うので夕方にはお電話で術後の経過をお知らせします、と案内され帰宅。

夜、電話かかってキターーーー。

「手術は無事に終わり、今は大人しくしています。合計で25針ほど縫いました。吠えたりしてませんよ。落ちついてます。採取したシコリは病理検査にまわしています。明日には検査結果をご連絡します。」

25針!? まあでもひとまず安心。

翌日、検査結果の報告(悪性のものは見つからず)と、ご飯食べたかとか、おしっこしたかとかの経過報告の電話をもらう。特に問題なし。


退院

マイカーがない&暴れて縫い目が開いたらこわい、という飼い主ビビリー発動で、退院の日は家までのPET TAXI(送迎サービス)をお願いしてしまいました。
そして来ましたよ、ファイナルの請求書。さすがのお値段。。。

<2泊3日の手術入院の内訳>
注)通常の虚勢手術と、腹部のシコリ摘出手術を同時にやっています。
注)虚勢手術だけなら1泊で9000Bくらいだそうです。

1. 麻酔費                  1011.42B
2. 歯のクリーニング             640.39B
3. ドクターフィー              3252.80B
4. 専門医フィー               107.00B
5. 傷のケアーフィー              90.95B
6. 手術道具費                127.06B
7. 食事代                    47.50B
8. 注射代                   518.42B
9. 塩水(血液に入れるやつ)代      142.31B
10. 病理検査費               797.95B
11. ค่าเวชภัณฑ์               884.36B
12. シャンプー代(入院前の)       210.00B
13. PET TAXI代              300.00B
14. 病室&24時間看護費       1982.18B
15. サービス費                53.50B
16. 手術費&設備費           2642.90B
17. 薬代(液体)              198.22B
18. 薬代(錠剤)              121.98B
19. その他薬                606.00B
---------------------------------------------------
               合計     13734.94B

バンコク ペット 病院 エリザベスカラー
1週間に1度の通院消毒を2回繰り返して、晴れて抜糸。
それまではずっとパラボラアンテナ犬状態でした。

今はすっかり元気です(^ω^)