【タイ新型コロナ】期限切れ90日レポートを、ムアントンタニーの臨時イミグレへ提出して来た。

新型コロナ 90レポート 期限切れ 免除 提出 期限 バンコク

新型コロナの感染拡大防止対策として、3月26日以降にビザや90日レポートの期限が切れる人は〇月〇日まで手続きしに来なくていいよー、という免除措置がとられ、その期間が延長、延長、さらに延長となり、7月30日時点では「短期ビザ所有者は9月26日までにタイから出国、90日レポートは8月31日までに提出」となっています。

 

6月に期限が切れたまま免除に甘えて放置していたわたしの90日レポートを、本日ムアントンタニーの臨時イミグレへ提出して来ました。

 

 

新型コロナ 90レポート 期限切れ 免除 提出 期限 バンコク

現在、バンコクのイミグレへ用事のある人(各種ビザの手続きや90日レポート等)はオンラインでの事前予約が必要ですと職員さんから聞いていたので素直に従い11:30の予約を取っておきました。予約を入れるとメールでコンファメーションが届きます。

 

ビザ手続き・90日レポート提出等のオンライン事前予約案内ページ

https://bit.ly/32Pa9Yr

 

 

新型コロナ 90レポート 期限切れ 免除 提出 期限 バンコク

【行き】

臨時イミグレは高速のアクセスがいいインパクト国際展示場の近くにあります。今回は予約の時間までに行かないといけないってことで、行きは戦勝記念塔からタクシーで高速にのって直行することにしました。

 

https://goo.gl/maps/8JF7s1BapK22oNmy8(Google Mapのルート)

戦勝記念塔から高速にのり、ムアントンタニーのインパクトアリーナへ向かう出口2-11でおりて北へ直進、そしてUターン。料金所を2ヵ所通り、1ヵ所目が50バーツ、2ヵ所目が10バーツ、メーター料金が160バーツ。約20分で到着。

続きを読む >>

バンコクでの90日レポート免除期間は、今朝のイミグレ職員さんによれば8月31日までだそう。

90日レポート 延長 免除 ムアントンタニー イミグレ

バンコクでの各種ビザ延長・90日レポート等の申請手続きの自動延長及び免除に関する措置のうち「90日レポート」について、結局いつまでに提出すればコロナ期間中に期限が切れた90日レポートを罰金を受けずに手続きが出来るのか、今朝、イミグレ窓口1178に電話して職員さんに聞いてみたところ、

 

 

2020年7月24日現在 バンコクでの90日レポートに関して

 

7月31日までは提出免除・罰金免除としているタイ政府ですが、7月末までオンライン事前予約でほぼ埋まってしまっているため期限を延長し、8月31日までの間で希望の日を事前予約してムアントンタニーの臨時カウンターへ出頭すれば、コロナ期間中に期日が切れてしまっている90日レポートも罰金なしで手続きが出来る。

 

 

との話でした。9月26日までビザ・90日レポートともに延長という情報は閣議で承認されたという段階のもので、出回っているタイ語の原文も閣議議事録です。今朝の時点ではまだ正式に法令措置としては発表されていません。正式に発令されれば日本大使館さんから詳細メールが届くのではないかなと思います。

 

また、すでに期限が切れている90日レポートを免除期間が終わるギリギリに郵送やオンラインで申請すればいいやと思ってる方、残念ながら不可能です。郵送とオンラインで処理出来るケースはあくまでも90日レポートに記載されている期日通りに行う申請のみ。期限切れはムアントンタニーへ出頭して提出して下さい(免除期間内であれば罰金なし)、とのことでした。

 

 

まとめると、

 

  • 9月26日までビザ・90日レポート延長はまだ正式に発令されておらず現場ではそのような対応はしていない。
  • しかし免除期限の7月31日までほぼ事前予約で埋まっているのが現状。
  • 仕方ないので8月1日〜31日までのうち希望日を事前予約して出頭・提出すれば罰金なしと案内している。
  • ビザ手続き、90レポート提出には事前予約が必要なことを知ってる人が少ない。
  • 免除期限延長は、手持ちの90日レポートの期日が7月31日、もしくは8月31日に自動変更されるという意味ではない。

 

 

90日レポート 延長 免除 ムアントンタニー イミグレ

 

閣議議事録の内容通りに発令されれば90日レポートも9月26日までに出頭提出すれば罰金免除となりそうですけど、今は発令を待つしかなさそですね。内部決定してるならはよ発表して〜、毎回ギリギリはつらい〜。

 

コロナで免除になったからと言ってそれに甘えずちゃんと期日通りに郵送やオンライン、あるいは一番めんどうな出頭で提出を済ませている人たち、企業担当部署さん、グッジョブ!

 

以上、7月24日朝の時点でイミグレ窓口1178からもらった90日レポートの処遇に関する情報でした。

 

 

【7月26日追記】短期ビザ所有者のタイ出国猶予期限は9月26日まで、期限切れ90日レポートの提出期限は8月31日まで、正式に発表されました。

https://bit.ly/39xh89U

 

 

ビザ延長申請・90日レポート提出等のオンライン事前予約案内ページ

https://bit.ly/32Pa9Yr

90日レポート提出の事前予約は10分単位で1時間あたり6人にしか予約が取れないシステムになってます(すくなっ)。しかも、パスポート一冊につき1予約。代行業者が6つパスポートを持って行くとすると、それで予約が6枠(1時間)無くなる。現地では朝7時半から当日整理番号も配ってるとかないとか、予約しないで行っても出来るとか出来ないとか。

 

ムアントンタニー臨時イミグレの場所についての案内ページ

https://bit.ly/2OS4BUM

 

 

90日レポート 延長 免除 ムアントンタニー イミグレ

【タイ新型コロナ】5月17日再開?手をつないで歩けない?2時間しかいられない?どうなる大型商業施設の営業再開。

2020年 タイ 新型コロナ バンコク ショッピングセンター 再開

先週末の連休が明けた5月5日、規制緩和が始まったバンコクには朝の渋滞とラッシュアワーが戻り、BTSのシステム故障も合わさってホームが通勤客で埋め尽くされる事態に。多くの企業が規制緩和スタートを機に通常業務へ戻りはじめたようです。

 

切り替えの早いタイ人は規制緩和第2弾”が待ち遠しい様子。”規制緩和第2弾”には大型ショッピングセンターやコミュニティモールが含まれ、政府が許可をすれば5月17日から営業再開の見通しとのニュースが流れています。最低気温30℃、最高気温40℃の今の時期、一ヵ月以上もエアコンの効いた最強のお出かけスポットへ遊びに行けないでいるバンコクっ子はもう堪忍袋が爆発寸前。

 

そんな中、再開へ向けて着々と準備を進める大型ショッピングセンターのセントラル・ナコーンラーチャシマー店が公表した”ニューノーマル”がニュースに取り上げられていたので紹介しましょう。

 

 

2020年 タイ 新型コロナ バンコク ショッピングセンター 再開

 

セントラル側が実施するニューノーマルの規定

 

1. 来店するお客すべてを検温。

2. 検温するスタッフはフェイスシールドを着用し、検温中はお客との社会的距離を取る。

3. 従業員全員マスク着用。

4. すべてのエントランス及び館内各所にジェル消毒液を配置。

5. すべてのエントランスで消毒サービス。

6. マスク販売所を設置。

7. 館内での社会的距離の徹底。エスカレーターは2ステップ空けて1人ずつ乗る。

8. エスカレーターやエレベーターなど、共有スペースは30分ごとに清掃。

9. エレベーターは30分ごとにアルコール消毒。

10. エレベーター内には階のボタンを押すスタッフを配置し、社会的距離を取るため床にマス目を引く。

 

親子やカップルで来ても手をつないで一緒にエスカレーターに乗ることが出来ないって、実際そこまでコントロール出来るのかな?タイは女の子同士でも手をつないで歩いたりする文化だぞ。エレベーターには日本のエレベーターガールのようなスタッフが配置され階のボタンを押してくれるらしい。おぉ、なんだかノスタルジー。

 

 

2020年 タイ 新型コロナ バンコク ショッピングセンター 再開

 

11. ショッピングバッグをスプレー消毒するサービスの提供。

12. キャッシュレスペイメントのシステムを整える。

13. フードコートのプリペイドカードは使用前後に都度消毒。

14. 共有エリアは毎晩アルコール消毒。

15. 毎週1回、ビッグクリーニングを行う。

16. インフォメーションカウンターにはカウンターシールドを設置する。

17. すべてのスタッフへの新型コロナ対策・手順の周知。

18. デリバリー業者への基準を設ける。

 - デリバリー業者専用の駐車場を用意し、入店時に検温。
 - デリバリーマンは全員マスク着用
 - アルコール消毒ジェルの用意、アルコールスプレーでの手袋の消毒。
 - デリバリー業者専用駐車場のアルコール消毒。
続きを読む >>