築90年のリバーサイド古民家カフェ”My Grandparent's House”はお祖母ちゃんちそのものだった。

カフェ My Grandparents House マイ・グランドペアレンツ・ハウス バンコク クローンサーン

くつろぎ感が異次元レベル、リバーサイドのタイ式古民家カフェ”My Grandparent's House”。行ったら帰りたくなくなる場所でした。

 

 

カフェ My Grandparents House マイ・グランドペアレンツ・ハウス バンコク クローンサーン

靴を脱いであがる入り口。入ってすぐ右手にあるカウンターで注文と支払いを先に済ませ奥へ進むと、

 

 

カフェ My Grandparents House マイ・グランドペアレンツ・ハウス バンコク クローンサーン

 

居間がリバービュー。手や足に触れるものがすべて木材。ばあちゃんちめっちゃ最高やん。

続きを読む >>

ポークヌードルの名店”ルンルアン(Rung Rueng)”の、マシュマロみたいなフィッシュボール。(2019年)

ルンルアン 2019年 スクンビット ソイ26 soi26 クイティオ

プロンポンの有名店”ルンルアン”に行ったことがない人なんてまさか、、い・る・の・だ、ここに。先日用事でエンポリへ行った時にお腹の空き具合200%のうちのタイ人を連れて初訪問。到着したのは閉店間際の午後4時過ぎ。”ルンルアン・クイティオ・ムー”ポークヌードルのお店です。

 

 

ルンルアン 2019年 スクンビット ソイ26 soi26 クイティオ

手渡された1枚の板のようなメニューには、「麺を選ぶ → 具を選ぶ → スープを選ぶ → サイズを選ぶ」と、注文ステップが写真と一緒に書かれています。ほぅ、サブウェイ式。わかりやすい。日本語もある。

 

奥が、”バミー・トゥックヤーン・トムヤム・ピセーッ”で、具材全部入りトムヤム味中華麺大盛り。手前が、”バミー・トゥックヤーン・ナムサイ・タマダー”で、具材全部入り中華麺普通盛り。

 

トムヤムと見分けがつかないナムサイ(クリアースープ)の濃さ。1日火にかけて煮詰まって鍋の底に胡椒がどっさり溜まったスープを底からすくったような感じ(おそらく行った時間が遅かったせい)。大盛りを頼んだうちのタイ人の方を見ると具がどっさり。特に豚肉団子がゴロッゴロ。お店によっては麺が増量されてくるパターンも多い中、この店の大盛りは具が増し増しですね。大盛りの具をおかずに白いご飯が食べれそう。

 

 

ルンルアン 2019年 スクンビット ソイ26 soi26 クイティオ

普段あまり好んでは食べないルークチンプラー(魚団子)を口へ放り込んだら、はっ、想定外のふわっふわ食感。「このルークチンプラーすごいね?」とうちのタイ人に振ってみると、眉毛を動かして無言の同意。”クイティオ・ムー”と名乗りながらうちの近所では食べられないふわっふわルークチンプラーをありがとう、ルンルアン。

続きを読む >>

森の一軒家カフェ&レストラン、サンクチュアリー・パクナム。Sanctuary Paknam Cafe & Restaurant.(写真30枚)

サンクチュアリー パクナム レストラン カフェ Sanctuary Paknam Cafe Restaurant

絶対に帰りたくなくなる一軒家のカフェレストラン”サンクチュアリー・パクナム”で木漏れ日と戯れて来ました。

 

 

サンクチュアリー パクナム レストラン カフェ Sanctuary Paknam Cafe Restaurant

 

 

サンクチュアリー パクナム レストラン カフェ Sanctuary Paknam Cafe Restaurant

グリーンのアーチをくぐるとその先に広がるのは童話の世界に出て来そうな大きくて品のある古びた一軒家と森。

続きを読む >>