インドア人間が GoPro デビュー!Hero 6 Black をバンコクで買ってみた。なぜ買ったか、どこで買ったか、アクセサリーなどなど。<2018年>

2018年 GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

(注:非付属品の本体カバーとレンズキャップを装着しています)

 

前回、「ワット・アルンへはじめて行った」記事を出して、「突然どうしたの!?」と思ったでしょ。実は理由があって、それは、、、アクションカメラの GoPro Hero 6 Black がうちに来たから!タイトルで「買ってみた」と書いていますが、正しくは、「うちのタイ人が買いました」です。うちにあるものはわたしのもの、ってことですね。発売からもう7ヵ月も経ってる GoPro をなぜ今買ったのか。まず一番の理由として「4Kで動画が撮れる何かが欲しかった」からです。

 

 

<今日の目次>

・なぜ買ったのか。

・どこで買ったのか。

・とりあえず最初に揃えたいアクセサリー。

・開封、アクセサリー装着。

 

 

── なぜ買ったのか。

 

「4K動画が撮りたい。じゃあ何で撮る?」となった時、ハイエンド一眼デジ(例えば Panasonic GH5やGH6)、ハンディカム(いわゆるビデオカメラ)、新しめのスマートフォンなどが選択肢として挙げられる中、じゃあそれぞれいくらかかるのかを考えてみましょう。

 

ハイエンド一眼デジ:GH5 67,190B + 広角レンズ 33,990B = 101,180B

ハンディカム:SONY FDR-AX33 29,990B

iPhone:8 Plus 64G 29,990B

 

安くても約3万B。GH5に至ってはレンズも合わせると10万B超え。ところが GoPro はたったの14,500B。1万B超えてて”たったの”って言うのも変だけど、”4K動画を撮る”という1点だけで他の3つと比べれば良心的なお値段。GH5は、背景ボケボケのぬるっとした”Another Sky”のような美しい映像が撮れますよね。しかし、10万Bを持ち歩くこと、あの大きさのカメラを手持ち歩きすることを考えると真っ先に選択肢から外され、ハンディカムに関してはあの前後に長いフォルムとお神輿ワッショイ風の持ち方になることに違和感を拭えず、iPhoneについてはカメラ以外の機能はいらない…と、「持ち歩きに便利な小型で4Kが撮れる高くないもの」を絞り込んでいったら GoPro が残った、というわけです。極めて論理的消去法。

 

そんなわけで、エクストリームスポーツとは縁のない超インドアのわたしがよりによってアクションカメラの GoPro を手にすることとなりました。

 

ちなみにわたしが使ってるミラーレス一眼 Olympus OM-D E-M10 Mark2 の動画の最高画質は FHD60fps です。しかも内部マイクはモノクロで外部マイクを接続するポートもなくLCDはバリアングルではありません。これでいったい何を撮れと。

 

 

── どこで買ったのか。

 

タイというお国柄、パチモンを掴まされることだけは避けたかったので、無難にエンポリウムで買いました。ショッピングセンターで売られてるものはどこも同じ値段だったし。MBKだと2000Bほど安く売ってるショップもあるようですが、それがいったい本物なのか偽物なのか見分けられそうになかったので、ここは The Mall Group という大企業に全幅の信頼を置かせていただきました。

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

本体以外に一緒に買ったGoPro純正品は、予備バッテリーと充電器。これ大事。これ絶対最初に買わないとダメなやつ。GoPro の充電方法はスマホのように本体にUSBを差して直接充電するか、バッテリーを本体から取り出して充電器で充電するかの2通りあり、前者は緊急時以外なるべくしない方がいいらしいです。本体が熱くなっちゃうから。それにバッテリーの消耗も激しいので予備バッテリー最低1個(出来れば2個)と充電器、これはGoPro純正のものを使った方が安全そう。

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

続いて Micro SD Card 。これは必ず GoPro が公式に動作保証しているものを選びましょう。出来れば書き込み速度重視で。書き込みが遅いと映像がカクカクしたり、処理が追い付かなくてエラーになることがあるようなので、「SanDisk Extreme PRO 64GB - Speed 100MB/s」を選びました。64GBじゃ足りない気がしたけど、大容量だとかえって処理に時間がかかると聞きしばらくは64GBで様子見です。が、買ったのはエンポリではなく別の場所。もっと他に種類があるんじゃない?パンティップも見てみる?という話になりその足でパンティップへ。そこで出会ったとあるショップ。

 

 

── とりあえず最初に揃えたいアクセサリー。

 

本体、バッテリー、SDカードが揃えば使える状態にはなりますが、”より安全に・便利に”使うために、サードパーティ製で十分なアクセサリー類、液晶フィルターレンズキャップハンドグリップを探したいと思います。SDカードの値段をチェックしながら歩いていると、GoProアクセサリーが並ぶショーケースが目に留まりました。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

こちらのGoProアクセサリー専門ショップ。場所は3階のエスカレーター付近だったと思う。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

おじいちゃん店主が目印。この店主さんがまた色々と情報をくれる人で、質問攻めにしてかなり話し込みました。例えば、「SDカードは上の階の J.I.B. で買いなさい。他で買っちゃだめ。買うなら Extreme PRO。」とか、「買ったらすぐに水中撮影テスト(=録画ボタンを押して水の中に沈める)をしなさい。もし水が入り込むようだったら7日以内なら新品と即交換してくれるから。」とか、「バッテリーと充電器は絶対買いなさい。」とか、「アクセサリー全部揃えたら本体より高くつく。」とか、「海に持って行ってなくす人が多い」とか、「本体いくらで買ったの?ああ、それならだいじょうぶ。」とか。

 

J.I.B.っていうのは日本のSOFMAPみたいなIT専門の量販店で、つまり、パンティップ内にある無数の個人ショップでSDカードを買うのはおよしなさい、というアドバイスですね。水中撮影テストは、どうも Hero 5 の時に、”水深10mまでの水中撮影可”というスペックにも関わらず、いざ海で2m程度潜っただけで水が入り込む事例がとっても多かったらしく、それが Hero 6 でもまだ起こることがあるそうで、後で泣きたくないなら先に確認しておきなさい、と。

 

 

── 開封、アクセサリー装着。

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

GoPro本体付属品です。バッテリー1個、USB-Cケーブル1個、アダプター2個、マニュアル2個、ロゴシール。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

本体付属品のプラスチック製カバー。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

別途購入のレンズキャップ。ソフトなシリコン製と、硬いプラスチック製の2種類あり、「シリコン製は最初はいいけど使ってるうちに緩んできて付けてもすぐ外れるようになるよ」と言われ硬い方を買いました。スマホのシリコンケースがだんだんぶかぶかになるのと同じですね。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

液晶保護フィルム。背面の液晶用と表のレンズ用の2つ入り。Hero 5 と Hero 6 は本体の形・サイズがまったく同じなので Hero 5 のアクセサリーでだいじょぶです。ショップでは貼ってもらえなかったので家に戻って自分で貼ったらズレた…。面積狭いから簡単だと思ったのに。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

本体カバー、液晶保護フィルム、レンズキャップを装着。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

 

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

別途購入のボディプロテクトカバー。これね、ショップで見てる時から「必要かなあ?」って何度も口に出してたもので、脱着がめちゃくちゃ面倒なの。地面に落とした時の衝撃をしっかりカバーしてくれそうに出来てるのはいいんだけど、GoProってバッテリーが1時間も持たずに切れたりするから、「早くバッテリー出したいのに、キー!」ってイライラしたくないじゃん。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

でも念のため購入。装着するとこんな感じ。真っ黒になって見た目はかっこいい(ただし面倒)。

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

 

 

 

GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

GoPro用のハンドグリップ。3段階の長さ調整が出来る一番シンプルなやつ。

 

 

と、まるで「わたしが欲しかったものをうちのタイ人に買ってもらった話」のようになってますが、違うの違うの。もともとうちのタイ人の方がわたしよりも普段から身の回りの動画を撮ってる人で、週末プチ旅行にもよく行くし、マラソン大会にもよく参加してるし、(実際どれだけアクティブかは置いておいて)〇万人の登録者がいる動画チャンネルも持っていて、「スマホ以外で何かいいものないかな〜」と探してる風だったので、上にツラツラと書いたことと同じことを本人に話していたら、「じゃあ GoPro 使ってみようかな」という気になったようなんです。わたしはあくまでもご要望に最適な品をアドバイスしただけ(にや)。マラソン大会にGoPro、ベストソリューションでしょ〜?(にやにや)。

 

 

Hero 5 に比べて「手振れ補正と画質がすごい」と噂の GoPro Hero 6。使い心地についてはまた別の記事で。

 

 

2018年 GoPro Hero6 Black タイ バンコク 購入 買う 4K アクセサリー お店 ショップ

スポンサーサイト