悲報!?在タイ20年でついに初めて財布をすられる?年末年始浮かれ過ぎるな(ボケるな)よ、の巻。

タイ 財布 スリ 未遂

人混みで財布をすられるだと?このわたしが?ありえなーい、絶対に。

 

 

タイ 財布 スリ 未遂

近所にセンチュリー・ムービープラザっていうショッピングセンターがあるんです。そこのスーパーに買い物をしに出かけたんです、クリスマスイヴに、ヤサイクル1号で。エントランス前には露店がたくさん並んでいて、さすがフェスティブシーズン、パーティーグッズがわちゃわちゃ売られていてお客さんでいっぱい。

 

1つ20バーツ程度だしなんか面白そうなのあったら買おうかなと人だかりの露店へ近づき、でも最前列にいる小太りのおばさんが邪魔でなかなか商品に手が届かずどうにかうまいこと隙間から…、とそんな事だけを考えていたその時、ふと、たすき掛けしているわたしのバッグに一瞬”カサッ”という違和感が。瞬時に「ㇵッ」として手をバックに... バックの留め金が開いてる!

 

 

タイ 財布 スリ 未遂

心拍数急上昇でバッグの中に手を入れると、財布が無い。しかしスマホはある。でも財布はない。すられた!(でもなぜ財布だけ?)。一目散にヤサイクル1号まで戻り、鍵を外し、乗り、右手で家にいるうちのタイ人に電話をかけ、左手で運転し、家までUターン。

 

タイ 財布 スリ 未遂

 

わたし:「財布すられた!」

うちのタイ人:「えっ?今どこ?」

わたし:「ATMカード、家にあるかちょっと確認して!」 ← 自分の財布にATMカード入れてたかどうか確信が持てない人

うちのタイ人:「いつかそうなると思った」 ← おいっ

わたし:「〇〇に、3つのATMカードしまってあるか今すぐ確認して来て!」

うちのタイ人:「えーとね、3つ?どれだ〜、ないなあ。」

わたし:「無いわけない!〇〇だってば、〇〇!よく見て!」

うちのタイ人:「なんか真っ赤なのがある」

わたし:「おっけ、じゃあ★★銀行と■■銀行のは!?」

うちのタイ人:「ちょっと待って。あ、あった、★★銀行と■■銀行」

わたし:「じゃあ3つ全部家にあるね?助かったーーー。なら財布には現金しか入ってないはず」

うちのタイ人:「警察に被害届出す?とりあえず早く帰って来い」

 

 

そして帰宅。

 

 

うちのタイ人:「とりあえず落ち着いて。座って座って。」 ← なぜかやたら冷静

わたし:「良かったー、家にカード置いといて( ;∀;)」

うちのタイ人:「被害届出す?」 ← やけにすすめて来る

わたし:「とられたの現金だけだし。財布、家になかったでしょ?」

 

 

うちのタイ人:「・・・・・財布って、これ?」

 

わたし:「Σ(゚◇゚;) 」

 

うちのタイ人:「財布すられたって、きっとこれのことじゃないかなって」

 

わたし:「わ・ざ・と・言わなかったな」

 

 

タイ 財布 スリ 未遂

財布なんて最初からバッグには入ってませんでした。留め金が外れていたのはわたしがしめてなかっただけです。スマホはとらず財布だけとられ、やけに冷静に被害届をすすめるうちのタイ人、なんかちょっと「んん」と思う節はあったものの、バッグの留め金が外れていたという事実に動揺して今回は完全にやらかしたと思ってました。つついに…、これが気の緩みか…、と。

 

 

タイ 財布 スリ 未遂

盗難のついでに先日、在タイ日本国大使館からの注意喚起メールでこんなものが届いてました。

 

最近,バンコク都内,特にスクンビット通り沿い,シーロム地区,サートーン地区において,邦人の方が現金をだまし取られる事案が多く報告されています。これは数年前から報告されている詐欺被害と同じ手口です。邦人の好意につけこむ悪質な手口で,年末年始の長期休暇には,詐欺被害が増加することが懸念されますので,以下のケースを参照の上,被害に遭わないようご注意ください。 

 

(ケース1)
台湾人(香港人,シンガポール人,韓国人などと称するときもあります)を自称し,「リンジョー」,「ユージン」,「ウェイリン」などと名乗る女性が,「パタヤからバンコクに移動するバスの車内で,旅券や財布など全財産を盗まれた。無一文となり,今夜泊まる予定のホテルにもチェックインできないので,お金を貸してほしい」などと言って近づき,同情を引くように仕向け,現金をだまし取るもの。

 

引用元:在タイ日本国大使館メール

 

この手の内容のメールがしばしばリマインド的に送られて来てはその度に思うのが、「なぜひっかかるのか」。もし万が一こういう事を言い寄って来る外人に出くわしたとしたら、追い払うとまた別の人をターゲットに悪さをするだけになるし、とっ捕まえたらいいと思う、他の誰でもないあなたが。

 

「えっ!無一文!?それは大変ですね。ただあいにく手持ちの現金がないので近くのATMまで一緒に来ていただけますか。」

 

と、いったん乗っかるフリをして、近場に警官の姿は無いかを確認しながらATMの方へ歩いて行く風に見せかけておまわりさんに、「この人、お金盗まれて困ってるみたいですー!」って差し出したらいいよ。お正月休みにタイに来る人でこんな詐欺知らなかったという人が万が一この記事を読んでいたら、被害を回避するだけに終わらせず、”お金を渡す素振りを見せて連行作戦”で撃退してやって!しかし相手もプロなんで、こういう切り返しが出来そうな人(語学力&コミュ力&行動力が高そうな人)にはまず声をかけて来な… (もごもご)。

 

最後に、この詐欺案件の最大のツッコミポイント、

 

”旅券がなければホテルにチェックインは出来ない(たとえ宿泊費を現金で持って行っても)” 

 

年末年始。人混みでは所持品は少なめに。身の回りの物にくれぐれも注意を忘れず楽しんでね。

 

 

タイ 財布 スリ 未遂

スポンサーサイト