バンコクでの90日レポート免除期間は、今朝のイミグレ職員さんによれば8月31日までだそう。

90日レポート 延長 免除 ムアントンタニー イミグレ

バンコクでの各種ビザ延長・90日レポート等の申請手続きの自動延長及び免除に関する措置のうち「90日レポート」について、結局いつまでに提出すればコロナ期間中に期限が切れた90日レポートを罰金を受けずに手続きが出来るのか、今朝、イミグレ窓口1178に電話して職員さんに聞いてみたところ、

 

 

2020年7月24日現在 バンコクでの90日レポートに関して

 

7月31日までは提出免除・罰金免除としているタイ政府ですが、7月末までオンライン事前予約でほぼ埋まってしまっているため期限を延長し、8月31日までの間で希望の日を事前予約してムアントンタニーの臨時カウンターへ出頭すれば、コロナ期間中に期日が切れてしまっている90日レポートも罰金なしで手続きが出来る。

 

 

との話でした。9月26日までビザ・90日レポートともに延長という情報は閣議で承認されたという段階のもので、出回っているタイ語の原文も閣議議事録です。今朝の時点ではまだ正式に法令措置としては発表されていません。正式に発令されれば日本大使館さんから詳細メールが届くのではないかなと思います。

 

また、すでに期限が切れている90日レポートを免除期間が終わるギリギリに郵送やオンラインで申請すればいいやと思ってる方、残念ながら不可能です。郵送とオンラインで処理出来るケースはあくまでも90日レポートに記載されている期日通りに行う申請のみ。期限切れはムアントンタニーへ出頭して提出して下さい(免除期間内であれば罰金なし)、とのことでした。

 

 

まとめると、

 

  • 9月26日までビザ・90日レポート延長はまだ正式に発令されておらず現場ではそのような対応はしていない。
  • しかし免除期限の7月31日までほぼ事前予約で埋まっているのが現状。
  • 仕方ないので8月1日〜31日までのうち希望日を事前予約して出頭・提出すれば罰金なしと案内している。
  • ビザ手続き、90レポート提出には事前予約が必要なことを知ってる人が少ない。
  • 免除期限延長は、手持ちの90日レポートの期日が7月31日、もしくは8月31日に自動変更されるという意味ではない。

 

 

90日レポート 延長 免除 ムアントンタニー イミグレ

 

閣議議事録の内容通りに発令されれば90日レポートも9月26日までに出頭提出すれば罰金免除となりそうですけど、今は発令を待つしかなさそですね。内部決定してるならはよ発表して〜、毎回ギリギリはつらい〜。

 

コロナで免除になったからと言ってそれに甘えずちゃんと期日通りに郵送やオンライン、あるいは一番めんどうな出頭で提出を済ませている人たち、企業担当部署さん、グッジョブ!

 

以上、7月24日朝の時点でイミグレ窓口1178からもらった90日レポートの処遇に関する情報でした。

 

 

【7月26日追記】短期ビザ所有者のタイ出国猶予期限は9月26日まで、期限切れ90日レポートの提出期限は8月31日まで、正式に発表されました。

https://bit.ly/39xh89U

 

 

ビザ延長申請・90日レポート提出等のオンライン事前予約案内ページ

https://bit.ly/32Pa9Yr

90日レポート提出の事前予約は10分単位で1時間あたり6人にしか予約が取れないシステムになってます(すくなっ)。しかも、パスポート一冊につき1予約。代行業者が6つパスポートを持って行くとすると、それで予約が6枠(1時間)無くなる。現地では朝7時半から当日整理番号も配ってるとかないとか、予約しないで行っても出来るとか出来ないとか。

 

ムアントンタニー臨時イミグレの場所についての案内ページ

https://bit.ly/2OS4BUM

 

 

90日レポート 延長 免除 ムアントンタニー イミグレ

スポンサーサイト