第一級王室寺院ワット・スタットと、旧市街で食べるぶるんぶるんの海南麺&タイ式ひんやりデザート。(写真39枚)

MRT サムヨート駅 地下鉄 ワット・スタット 旧市街 グルメ

今回はMRTが開通して駅から徒歩3分で行けるようになった”ワット・スタット”へ写真を撮りに行って来ました。他にも駅から徒歩圏内には第一級王室寺院の”ワット・ラチャボピット”、足を延ばせば第二級王室寺院が3つ(ワット・ラチャブラナ、ワット・サケット、ワット・チャクラワート)、ミシュランに載ったお店が8つ、至る所に老舗の食堂、古い建物を改築したお洒落カフェも今後増えて来そうです。特に駅の北側は城壁に囲まれプラナコーンと呼ばれていた時代から残るノスタルジックな街並みが広がり、気ままに歩いて回るには最適です。ただ日中はものすごく暑い!

 

 

MRTサムヨート駅北側旧市街散歩

#1 ワット・スタット 〜 サオチンチャー(ジャイアントスイング)周辺

 

 

MRT サムヨート駅 地下鉄 ワット・スタット 旧市街 グルメ

3番出口を出るとまず目に入るのが、世界中からインスタグラマーが訪れるレジェンダリーなカフェ”オンロックユン(On Lok Yun)”の行列。駅が出来る前からずっとこんな感じ。

 

On Lok Yun
LOCATION:Charoeng Kurung Rd. soi 4
OPEN:05:30〜14:30 everyday
FB:OnLokYunCafeBKK
Google Map

 

 

MRT サムヨート駅 地下鉄 ワット・スタット 旧市街 グルメ

駅から3分ほど歩けばもう”ワット・スタット”。トゥックテオの間にすっぽりとはまってるお寺の門。今日はこの裏手口から入ってみることにしよう。

続きを読む >>

タイコスメ、Srichand(シーチャン)の新リキッドファンデーション ”Srichand Enchanted Cover Perfect Foundation”。

タイコスメ シーチャン ファンデーション Srichant Enchanted お土産

ウォータリーUVエッセンスのように指だけでシャーっと塗れて化粧嫌いにはもってこいだった旧バージョンが廃版になりファンデ難民になりかけていた今日この頃、リニューアルした新製品が8月初旬頃からドラッグストアに並んでました。ガラス製のボトル入りになって高級感を増した"Enchanted Cover Perfect Foundation"。ポンプ式のこってり系、30ml入りで定価320バーツ。

 

まず Watsons でテスターを試してみましたが案の定、指だけで塗るのは厳しそう。タイ人Youtuberのレビュー動画ではみんなビューティーブレンダー的なものでポンポンしながら、「塗りやすい」、「厚塗り感なし」、「肌が綺麗に見える」と高評価。こってり系苦手だけどそう言われると気になっちゃう。

 

 

タイコスメ シーチャン ファンデーション Srichant Enchanted お土産

ぽんっ、配達完了。ShopeeのSrichandオフィシャルストアの期間限定プロモーションでポチりました。ファンデーション、スポンジの他に試供品2つ入り。

 

 

タイコスメ シーチャン ファンデーション Srichant Enchanted お土産

このビューティーブレンダー的なスポンジが1つ無料で付いてさらに10%OFFでその上送料無料という素敵過ぎるプロモは今月いっぱい、もしくは在庫が無くなるまでだそうです。

続きを読む >>

立って味わうミシュラン、バンコク中華街 ”Jok's Kitchen” のエビワンタン。

ミシュラン バンコク 2019 レストラン 中華街 ヤワラー ワットマンコン

MRTワットマンコン駅から徒歩圏内に ミシュランガイド バンコク 2019 に載ったお店が4つあります。その中の1つ、ミシュランプレートを獲得したお店の”食べ歩きが出来るエビワンタン”を求めてワットマンコンの外側をぐるりと1周歩いて来ました。立ち寄ったお店5つをまとめて紹介します。

 

 

"Jok's Kitchen"

ワットマンコンを正面から入ると出会えないワンタン。

 

 

ミシュラン バンコク 2019 レストラン 中華街 ヤワラー ワットマンコン

MRTワットマンコン駅3番出口を出てすぐ右手の細い路地の奥、店主のJokさんが丸い中華テーブル1つだけで始めた中華レストラン、”ジョーク・ト・ディオ”。今ではテーブルが4つに増えたそうですが、メニューなし、お任せコースのみ、完全予約制の人気店。そこで、「予約なしでも食べれるように」と店先にテーブルを出して売るようになったのがこのエビワンタン。

 

 

ミシュラン バンコク 2019 レストラン 中華街 ヤワラー ワットマンコン

続きを読む >>